引越しの際のベッドの組み立てについて

引越しの際のベッドの組み立てについて

引越しでベッドを持って行くという場合は、事前に分解をしておくか、引越し業者に分解の依頼をすることになります。

ただ、分解費用が別途かかってしまう可能性もあるので、費用についてはよく確認しておいたほうがいいでしょう。

 

パイプベッドや折りたたみ式のベッドであれば簡単に分解ができますが、そうでない場合は注意しなければなりません。

 

ベッドの組み立てについて

 

引越しが終わったあとのベッドについてですが、引越し業者側で組み立ても行ってくれるかどうかは業者によって違いがあります。

分解は対応しているものの、組み立ては自分で行うように言われてしまうこともあるので確認しておいたほうがいいでしょう。

 

組み立てに対応していない業者であれば、別途費用がかかる可能性もあります。

ほとんどの業者では分解・組立を無料で行ってくれるものの、特殊なベッドなどはオプション費用が発生してしまうケースもあるようです。

 

自分でベッドの分解・組み立てを行う

 

引越しをスムーズに行うために自分でベッドの分解を済ませておくのもいいでしょう。

もちろん、分解中に誤って壊してしまったということになると大変なので、知識がない方は業者に任せておいたほうがいいです。

 

ただ、特殊な分解方法となるベッドは取扱い説明書を用意しておいたほうが業者でも戸惑わずに作業ができるでしょう。

 

組立についても自分で行う方は多いです。
例えば、まだ引越し先のレイアウトが決まっておらず、ベッドを仮置きする方もいますよね。

 

ただ、重いベッドを自分で移動するというのは大変な作業なので、できれば事前にレイアウトをしっかり決めておいてベッドなどの重い家具の移動は引越し業者に任せたいところです。

 

自分で作業をする際に注意しなければならないのが、家具や壁、床などに傷をつけないということ。
特に長い部品などを取り扱う際には、誤って壁にぶつけて傷をつけてしまうことも考えられます。

 

修理費用を支払うとなると大変な金額を請求されることも考えられるので、慣れていない方は引越し業者のほうにお任せしたほうが安心できるでしょう。
ほとんどの業者ではベッドの運送を行っていますが、大きなサイズのベッドはオプション費用がかかってしまう可能性も考えられます。

 

中には数万円単位で費用が必要になるベッドもあるので、まずは訪問見積もりを依頼して正確な金額を出してもらってはどうでしょうか。
電話見積もりだけで決めてしまうのはおすすめできません。