【知らないと損?】ベッドの引越しを効率よく安く出来る裏ワザ!

【知らないと損?】ベッドの引越しを効率よく安く出来る裏ワザ!

引越しをする際には、荷物が多ければ多いほど費用が高くなってしまいますよね。
大型の家具や家電はたくさんありますが、ベッドの引越しについて悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。

 

 

マットレスも一緒に運ばなければならないものの場合、寝具だけでもかなりの荷物量になってしまいますよね。
重い家具であるため、無理に自分で運ぼうとすると腰を痛めてしまう可能性があるので、業者に依頼をしたほうがいいでしょう。

 

↓↓↓ ベッドの引越し費用の相場はいくら? 見積もりすると安くなる? ↓↓↓

 

また、自分の体だけでなく床や壁を傷つけてしまうこともあります。
ベッドはとても重いものなので、少し動かしただけでも床に大きな傷ができてしまうことがあるので、細心の注意を払って運ぶ必要があるのです。

 

家の中の細かいものは自分で運んで引越し費用を抑えたいと思っている人もいるかもしれませんが、その場合も冷蔵庫や洗濯機、ベッドなどの大きな家具家電は引越し業者に依頼をしたほうがいいです。

 

万が一引越し業者が作業途中や運搬途中に家具家電を破損させてしまった場合、業者による保険が適用されるので安心できるでしょう。

 

自分で運んで怪我をしてしまったり、壊してしまったという人もいるわけなので、安全に運ぶためにも引越し業者に依頼をするといいですね。

 

具体的な費用に関してですが、これはどれくらいのサイズのベッドなのかということによって大きく変わってきます。

 

小さいベッドや解体や分割をして運ぶことができるタイプのベッドであった場合、他の家具と比べて特別な費用がかかるというわけではありません。
ですが、クレーンを使わないと運ぶことができないようなベッドであった場合、別途クレーン費用がかかってしまう可能性があるので注意しておきましょう。

ベッドの引越し術 搬入・搬出による違い

通常の家具家電と同じように運ぶことができる場合、特別な費用はかかりません。

ダブルベッドサイズであったとしても、1万円から2万円ほどで済むでしょう。
折りたたみが可能なシングルベッドの場合は更に費用が安く、1万円以内で抑えられることも多いです。

 

クレーンを使わなければならないものの場合、ケースによってはベッドの運送費だけで3万円程度かかってしまうこともあるので、事前によく確認をしておいたほうがいいですね。
ダブルベッドであった場合には更に費用がかかってしまうことも考えられます。

 

それと、分解が必要なベッドであった場合、分解を業者に依頼すると別途費用が発生する可能性があります。

 

分解だけでなく組み立ても行ってもらえるのが一般的ではありますが、これらをお願いした際に追加費用がかかるかどうかという点もよく確認しておかなければなりません。

 

解体・組み立て費用がかかってしまうという場合、業者にお願いをするのではなく自分で行うことで引越し費用を抑えることができます。

 

ただ、解体は素人でも簡単にできるものの、組み立てには専門的な知識が必要になるタイプのベッドもあるので、わからない場合は引越し業者に依頼をしたほうが安心です。

 

あまりにもベッドの運送費が高いという場合には一度売ったうえで別のものに買い替えるという手もあるかもしれません。
ただ、使用済みのベッドはあまり高く買い取ってもらえないことが多いわけなので、できればベッドを購入する際に引越し費用のことまで考えたベッド選びをしたいところです。

 

長く使ってきた愛着のあるベッドで、売る予定はないという人もいるでしょう。
その場合には、できるだけ安くベッドを運んでくれる業者を探すことが大切です。

 

↓↓↓ ベッドの引越し費用の相場はいくら? 見積もりすると安くなる? ↓↓↓

ベッドの引越し術 引越し業者による違い

引越し業者によって費用は大きく違います。

 

例えば、クレーンを使うと費用が高くなると紹介しましたが、クレーンのオプション費用としてどれくらいの価格を設定しているかというのは業者によって差が激しいのです。

 

引越し業者に一社ずつ連絡をして費用を確認するのは大変なことなので、複数の引越し業者に対して一括で見積もり依頼ができるサイトを利用してみてはどうでしょうか。

 

ベッドの引越しだけを行いたいという場合も同じで、できるだけ安く運んでくれる引越し業者を探したいと思っている場合にも一括見積もりサイトが便利です。

 

注意しておきたいこととして、ベッドの引越し費用はクレーンを必要とするかどうかによって大きく変わってきます。

 

階段の幅やエレベーターの幅、通路の形状などによっては窓からの搬出しかできないということになってしまうので、この点は事前に確認をしておいたほうがいいです。
仮見積もりの時点ではクレーンを使わない場合の費用が記載されていたものの、実際に訪問見積もりを依頼したところクレーンを使うことになって費用が上がってしまったというケースもあります。
そのため、引越し業者を選ぶ際には必ず訪問見積もりをしてもらい、その時の見積もり書を比較したうえでどの業者を選択するのか決めなければなりません。

 

仮見積もりと本見積もりで費用が大きく変わってしまうこともあるので、仮見積もりだけで決めないようにしましょう。

ベッドの引越し費用を安く出来るオススメ引越し一括見積もりサービス

ベッドの引越し費用を安く出来るオススメ引越し一括見積もりサービスを紹介しいます。

 

お勧め その1 まずはここから

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

簡単に一括見積もりができて

全国160社もの提携企業の中から最安値を探せます。

お勧め その2 ここも忘れずに

業界初!ただで運ぶゾウは無料で引越し

営業電話が一切かかってこないのでわずらわしさもありません。

やり取りはすべてチャット! 値切り交渉も気楽にできます。

お勧め その3 ここも抑えよう

見積もり比較で最大50%安くなることもある引越し価格ガイド

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば
驚くほど安い金額で引越しができることも。